【驚愕】陰部の黒ずみにアットベリーを使ってみた

陰部の黒ずみアットベリー

「アットベリー 陰部 黒ずみ」
と検索すると
【アットベリーとピューレパールとの比較】
というサイトが1位に来ている。

 

しかし、このサイト「○○の場合はアットベリー」
「○○の場合はピューレパール」みたいな感じで
陰部の黒ずみには正直あまり触れていないように感じる。

 

しっくりこない。

 

そこで今回はしっかりとアットベリーをデリケートゾーンで使う場合
のメリットとデメリットをご紹介していこうと思います。

 

アットベリーのメリット

アットベリーの目的は黒ずみを消す目的
もあるのだけれど、基本は保湿。

 

保湿をすれば黒ずみが消える。
っていう考え。

 

で、無添加&低刺激で
Vラインなどのデリケートゾーンでも使えるよ。
っていうのが一つの売りになっています。

 

また、黒ずみの原因を
・脱毛や除毛によるダメージ
・乾燥によるダメージ
と言っている。

 

それ以外の原因だと思う場合は
止めておいた方がいいと思います。

 

デメリットはというと
低刺激である分乾燥肌の人には
保湿力を実感しにくいというところです。

 

コストパフォーマンスで考えた場合
ピューレパールの倍ありますから(60g)
量はあると思います。

 

また、返金保証も180日ありますので
とにかく購入して使ってみて判断するのもいいと思います。